できることからゼロウェイストを始めます。節約にもなるし。

本当につい最近、「ゼロウェイスト」という言葉を知りました。

日本でもプラスチック袋の規制が入ったり中国にプラスチックごみを輸出できなくなったり、主にプラごみを中心に何となく「大変なんだろうな」というのはあったのですが、ゼロウェイストを知るまで自分は、「 個人単位で考えることはそんなに多くはないだろう」と思っていたんですね。

エコバッグを使っていればそれで十分と考えていましたが、…、この考え、完全に甘かったです。

一つの動画からゼロウェイストを知り、興味本位で色々検索していった結果、自分はゼロウェイスターになる決心をしました。

ここ2週間で少しずつ変わった自分のライフスタイルを、共有していこうと思います。

ゼロウェイストとは。どんな意味か

「ごみをどう処理するかではなく、
ごみ自体を出さない社会を目指すことです。」
ゼロ・ウェイストとは、無駄・ごみ・浪費 をなくすという意味。
出てきた廃棄物をどう処理するかではなく、そもそもごみを生み出さないようにしようという考え方です。
「焼却・埋め立て・何でもリサイクル」がもたらしたのは、
資源の無駄遣いと有害物質による健康被害と水質汚染など環境への悪影響でした。
ゼロ・ウェイストは、そんな社会の仕組み自体を変えていこうとするものです。

特定非営利活動法人 ゼロウェイストアカデミー より引用

ゼロウェイスト(Zero Waste)とは、その名の通り「ゴミをゼロにしよう(近付けよう)」という理念のことです。

リサイクルして循環させることも大事ですが、それ以上に「そもそもゴミを出さない生活を送ろう」という考え方がゼロウェイストでは重要です。

お店でもらう試供品や日常的に使っている使い捨てアイテム、ポストされる広告、コンビニやスーパーで見られる包装用のプラスチック容器など、ゴミについて特に何も考えることのなかった少し前の自分は、そういったものに対して全く無頓着でした。

それらはゴミというより、当たり前に存在する便利なものだったり目視もせずにゴミ箱に入れられたりするようなものでした。認識すらしていなかった、というのが正直なところです。

とはいえ、普通に生活している人の当たり前って、こんなものだと思うんですよね。ゼロウェイストを知ってからスーパーに行くと、エコバッグすら使ってない人が大半だったのですから。

つまり、何もかもが「そういうものだから」という固定概念が根付いてしまっているんです。

そういう”当たり前”を変えていくために、まず最初に覚えたのが「5R」でした。

5Rというのは

  • Refuse(断る)
  • Reduce(減らす)
  • Reuse(繰り返し使う)
  • Recycle(リサイクルする)
  • Rot(堆肥化)

この5つのこと。

試供品や広告チラシなどは断れば良い(Refuse)ですし、スーパーなどで買う包装プラスチック容器付きの商品は大きなものを買って冷凍すれば容器を減らす(Reduce)ことができます(最終的に量り売りに移行すれば、完全になくすこともできます)。

ウェットティッシュやティッシュ、ペットボトルなどの使い捨てアイテムはハンカチやタンブラーで代用(Reuse)可能で、アルミ缶に入れられた飲み物なら高いリサイクル率でリサイクル(Recycle)できます。

Rotに関してはまだできていないのですが、上記に挙げたものは全て最近自分が実践したゼロウェイスト活動です。

今までハンカチを持ったことがなかったのですが、ハンカチは本当に万能ですね。鼻が垂れても床が汚れても汗が出ても全部拭き取れますし、洗えば何度でも使えるからゴミも出ません。カトラリー類も持ち歩くようになったのですが、それらを包むのにも活躍してくれます。

このように、5Rを上から順に実践していけば、ゴミになるものは限りなく少なくなっていきます。

冒頭でも挙げましたが、日本でもプラスチック袋廃止の流れがきてますよね。その延長線上にあるものがゼロウェイストだと思っていただけたら間違いないでしょう。

海外ではゼロウェイストの運動が活発で、「【アメリカ】ニューヨーク市の廃棄物削減プロジェクト、ゴミ廃棄量56%削減に成功」などのように、個人以上に市レベルで行われてもいます。

ゼロウェイストを知るきっかけになった動画

自分がゼロウェイストを知ったのは、2019年の夏のこと。つい2週間ほど前のことです。

特最近になって海外のYouTuber動画を観るようになり、そこでおすすめに出てきたのが、アメリカのライフスタイル系VloggerであるLavendaireさん。

彼女の動画”10 Ways to Reduce Waste | Zero Waste for Beginners”(ゴミを減らす10の方法 | 初心者のためのゼロウェイスト)が、自分にとって初めてのゼロウェイスト体験でした。

日本語字幕付きなのでぜひ。

エコバッグは3年ほど前から使っているのですが、それ以外については特に意識せずに過ごしてきていたので、結構なカルチャーショックでした。同時に、自分の出すゴミの量を思い返し、愕然としました。

今年に入ってくらいから、何となく「人の生活ってトゥーマッチだな」と感じていたのですが、これでハッキリとしました。自国だけでなく、世界中の人が何もかもを持ち過ぎているのだと。

早速ブラウザをEcosiaにして、ゼロウェイストについて調べる日々が始まりました(自分は検索魔なので2週間で12本の木を植えられました)。

Chrome拡張機能:Ecosia

今すぐにでも始められる3つのゼロウェイスト手法

ゼロウェイスターになって2週間ほどが過ぎた時点で、自分がやり始めたゼロウェイスト活動についてまとめていきます。誰でもすぐに実践できるようなことばかりですが、「千里の道も一歩より」ということで。

1. アナログで考える

冷蔵庫や洗濯機などを急に手放せと言われても、そりゃ無理な話です。が、掃除機や髭剃り辺りはアナログにしてもなんとかなりそうです。

掃除機は、ほうきとちりとりに交換すればゴミは堆肥化できますし、髭剃りに付属しているアルコール洗浄剤のような、リサイクルできない消耗品はカミソリには出ません。

今年の11月に引っ越し予定なので、ほうきとちりとりはその後に買うとして、今の部屋掃除は雑巾がけに移行しました。乾拭きしてから水拭きすればオールOK。小さなゴミが多いようなら、靴磨きに使っているブラシでかき集め、そのままベランダに捨てます。

髭剃りはアルコール洗浄剤が残っているので、それがなくなってから買い替えですね。多分引っ越し直前になりそうです。

現状で堆肥化はしていませんが、その第一歩としてのアナログ化ですね。掃除機を使うエネルギー消費がなくなるのもポイントの一つです。

2. 使い捨てアイテムを一生使えるものに買い替える

例えば

  • プラスチック袋→エコバッグ
  • ティッシュ→ハンカチ
  • ウェットティッシュ→雑巾やハンカチで代用
  • 使い捨て耳栓→シリコン製のものにする
  • カトラリー類→ステンレス製にしてハンカチにくるんで持ち歩く
  • 電動歯ブラシ→木製歯ブラシ
  • 歯間ブラシ→ステンレス製の歯間クリーナー
  • 水分→タンブラーを持ち歩く
カトラリーやハンカチは100均。歯間クリーナーは大手の雑貨屋で。

エコバッグ以外はここ2週間で全てこのように変更しました。余ったものは知り合いに譲ったり使い切ったり。売れなかったり譲ったりできないようなものは、今回限りということでゴミとして処分しました。

普段持ち歩く持ち物が多少増えましたが、まあこれくらいなら許容かな、という感じですね。

また、掃除道具はお酢と重曹に切り替えました。歯磨き粉もなくなったら重曹歯磨き(うがい)にしようと思います。

洗濯や食器洗いも石鹸にしたいのですが、これらはまだストックがあるので、無くなり次第ですね。エコなだけでなく、シンプルに節約にもつながるので、生活面の向上につながりそうです。

使い捨ての代表格といえばトイレットペーパーが挙げられそうですが、こればっかりは今後も変わらず使うと思います。 続けるためには、自分がストレスなくできる範囲でやるのが重要ですからね。

3. プラスチック容器を避ける

「プラスチック製品はリサイクルされているからいくら使っても大丈夫」と思っていませんか?自分もそこまでではないにせよ、「リサイクルマークがあるから大丈夫でしょ」と思っていました。

が、ゼロウェイストはプラスチックを避けるように促しています。なぜでしょう?それは、実はリサイクルできていないからなのです。

世界基準からズレた日本の「プラごみリサイクル率84%」の実態」にて非常に分かりやすく書かれているのですが、要は日本のプラスチック・リサイクルの大半は「燃やしてエネルギーとしてリサイクル(サーマルリサイクル)」されているのです。

プラスチックは別のプラスチックとして生まれているのかと思いきや、燃えて跡形もなくなっているだと…?エネルギーとしてリサイクルしている…だと……?分別の意味とは…?

これを知ってから、プラスチックは極力避けるようになりました。まずはできる範囲からで良いと思います。少しずつその範囲を広げて、最終的にはプラゼロにできれば良いのかなと。

プラスチックを避けるには、やはり量り売りで販売しているお店を使うのが最適です。…が、自分はまだできていません。野菜はエコバッグがあれば地元の八百屋でいけそうですが、肉類は衛生上、ガラス瓶必須ですもんね。

ひとまず野菜から始めようと思います。布袋も揃えたいところなので、後日買いに行こうと思います!

肉屋や八百屋は近所から探すとして、それ以外のオイルやコーヒーなどのアイテムを量り売りで探すのは結構大変ですよね(そもそも肉屋八百屋時点で大変)。そんなときはこれ。 プラなし生活さんの記事「日本の「量り売りショップ」が見つかる!マップとリストで一挙に紹介」を参照しましょう。

ゼロウェイストを知るには本「ゼロウェイストホーム」が鉄板

たった2週間ですが、自分のライフスタイルは大きく変わったように思います。買い物の際も、意識的に「これは使い捨てアイテムに当てはまるし、何で代用できるかな」「これを買うなら缶詰を買ってリサイクルできるようにしよう」など、一つ一つを”ゴミになるかどうか”という視点で吟味するようになりました。

きっかけは一つの動画からでしたが、やっぱり何も知らないことに対しては体系的にまとめられた本を読むのが一番。ということで「ゼロウェイストホーム」という、ゼロウェイストの代表的ともいえる本を読みました。思った以上に実践的な内容で、かなり”使えます”。

著者のベア・ジョンソンさんはアメリカ暮らしなので、ライフスタイルは多少異なりますが、基本的に「日本でもゼロウェイストは達成可能」と本の冒頭で書かれています。

そして自分も少しずつですが、確かに「ゼロウェイストに近付けているな」という実感を持てています。

完全にゼロにするのは大変かもしれませんが、100個あったゴミを99個に、80個にするのは比較的簡単です。この2週間でそれは実践できていることです。

少しでもゴミを減らすという目的で、できることをやってみましょう。ゼロウェイストは、きっとあなたの生活を変えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です