重曹歯磨き(重曹うがい)を始めました。オーラルケアのゼロウェイスト

プラスチックを避け、ゼロウェイスト(ゴミなし)な生活を送ると決意したワタクシ、先日歯磨き粉から卒業しました。

物心ついたときから当たり前のように存在していた歯磨き粉ですが、そのパッケージはプラスチックでできています。その上、紙の容器による包装。ゼロウェイスターになりたての自分は思いました。

「ゴミが出てしまうなぁ…。」と。

ゴミを出さないためには歯磨き粉を買わなければ良いのですが、それだとエチケット的にもNG(それ以上に自分が嫌)です。「何か良い手はないかな~」ということでYouTubeにて「自作歯磨き粉」を英語で探していたら、「重曹での歯磨き」がゼロウェイスターの中で主流になっている、ということが判明しました。

重曹は掃除目的で買おうと考えていたものですし、これを歯磨きでも使えるっていうのは完全に一石二鳥だよねってことで、早速実践してみることにしました。

というわけで今回は、オーラルケアのゼロウェイスト、重曹歯磨き(重曹うがい)について共有していきます。

重曹歯磨き(重曹うがい)のやり方

重曹歯磨き粉と重曹うがい水の作り方は後述するとして、まずはその頻度や手順から説明していきます。

重曹歯磨きの頻度とやり方

重曹歯磨きの頻度は週2回以内としています。

重曹は研磨作用が市販の歯磨き粉よりも強いため、重曹歯磨きを毎日やると歯を傷付けてしまう恐れがあります。歯が傷付くと、そこからばい菌が侵入する可能性もありますし、そうなると本末転倒ですからね…。

歯磨き自体は、市販の歯磨き粉と変わらないやり方をしています。研磨対策として、力は以前よりも弱めて磨いていますが。

重曹うがいの頻度

重曹うがいは毎日やっています。

歯磨きの前後にそれぞれ30秒ずつ、口の中を重曹うがいでゆすぎます。自分は朝晩でそれぞれやっていますが、朝昼晩でやっても問題はありません。

重曹歯磨きをしないときは、歯ブラシに水だけつけて磨きます。歯磨き粉がなくても、うがいした分の重曹が口内に残っているので、かなりスッキリしますよ。

重曹歯磨き粉と重曹うがい水の作り方

前提として、重曹は食用もしくは掃除用のものを使います。工業用のものは研磨効果がより高い重曹が使われているため、避けるようにしましょう(そもそも工業用自体、普通に買い物していれば出会う機会自体ないですが)。

まずはこちらの動画から。

ゼロウェイスターは、重曹にココナッツオイルを合わせるスタイルが定番なようです。

動画でのレシピは以下。

重曹歯磨き粉

  • ココナッツオイル:100g
  • 重曹:50g
  • エッセンシャルオイル(香りづけ):数滴

重曹うがい

  • 水:300ml
  • 重曹:小さじ1(2.5g)
  • エッセンシャルオイル(香り付け):数滴

分量は動画では言及されていませんが、ココナッツオイル2に対して重曹が1の量となればOKです。

これを観て自分は「うわメンドくさ…」と思ってしまったのですが、書籍「ゼロウェイストホーム」では重曹をスパイスシェイカーに入れて濡らした歯ブラシに振りかけるだけというシンプル極まりない歯磨き粉を採用していました。自分も安心して重曹のみの歯磨き粉を使っています。コスパ最高。

重曹の袋はプラスチックですが、歯磨き粉の容器よりは量的にマシになるだろうということで、ひとまずは許容しました。今後これをなくせるように販売店を選んでいこうと思っています。

重曹歯磨きの存在を知って初めて重曹を口にしたのですが、重曹ってしょっぱいんですね。塩よりマイルドな感じです。

重曹うがい水ですが、自分は作り置きせずに都度用意しています。

コップに水を入れて重曹を振りかけ、指でササっと混ぜるだけで完成します。特に手間とも感じませんし、毎回用意する方が衛生上の安心感もあるため、できるなら都度用意する方をおすすめします。

また、ネットでは「塩分過多」を危惧する記事が多くありますが、気にすることはないのかな、と思っています。

WHOでは塩分摂取量基準が5g以内とされていて、日本では男性8g、女性7gとされています。

一度のうがいで500ml使うわけでも飲むわけでもないですし、

重曹は炭酸水素ナトリウムなのでNaHCO3、分子量は84、うちナトリウムは23なので、10g×23/84=2.73g

重曹を10g取ったら何gのナトリウムを取った事になるのですか?


とのことなので、万が一500ml(2.5g)全部を飲んだとしても摂取される塩分量は0.6g。実際に摂る塩分は遥かに少ないため、歯磨きの前後に重曹うがいをしたとしても、塩分過多の心配はないと考えられます。

重曹歯磨き(重曹うがい)の効果。口臭が気にならなくなった

今まではアパガード(APAGARD)の1,000円程の歯磨き粉を使用していたのですが、朝~夕方にかけて歯を磨かずに過ごすと流石に口臭が気になっていました。

が、重曹うがいを毎日やるようになってからは、口臭を気にする頻度が薄くなってきたように思います。

口内も唾液も弱酸性が基本なため、重曹(アルカリ性)の効果がそう長く続きはしないはずなので、気持ち的な部分も大きいのかもしれません。ですが、感覚としてあまり口臭が気にならなくなったのは事実です。

ゼロウェイスターとしては歯磨き粉を買わずに済むのでおすすめ

ともあれ、歯磨き粉を買わずに済むのは経済的にもお得ですし、紙の箱やプラスチック容器もこれ以上買わなくて済むため、ゼロウェイスト的にも大成功です。

口臭が気になってストレスになるようなこともありませんし、結果的に大満足です。重曹歯磨きと重曹うがい、ゼロウェイストの第一歩として始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です